弱酸性と弱アルカリ性、洗顔石鹸はどっちがいいの?

弱酸性と弱アルカリ性

人間の肌は弱酸性なのですが、ボディーソープで有名なものも弱酸性で優しく洗うというキャッチコピーを掲げていますよね。

しかし、洗顔石鹸は弱アルカリ性となっているものもあります。

肌は弱酸性を保つのが一番なので、弱酸性のものを使った方がいいと思われていますが、汚れを落とすのが目的なので、アルカリ性の方がいいと言われています。
弱酸性の洗顔石鹸は、汚れを落とす力が弱く、古い角質や皮脂汚れを落とす事ができないのです。

アルカリ性の石鹸は肌を傷めるというイメージも強いのですが、洗顔後、アルカリ性に傾いてしまう肌は、皮脂の力で弱酸性に戻りますので心配する必要はないのです。

肌に優しい石鹸を使いたがる方も多いのですが、弱酸性は汚れが落ちず、古い角質を蓄積させてしまうことになります。
古い角質が溜まるとターンオーバーが乱れてしまいますから、若干肌に刺激を与えるアルカリ性の石鹸できれいに汚れを落とし、肌の再生力で元気な肌サイクルにする事が大切なのです。

弱酸性の洗顔石鹸は、皮脂分泌が少ない赤ちゃんや子供にはいいのですが、皮脂分泌が多くなる年齢層には洗浄力が求められますので、アルカリ性の石鹸を使って清潔を保つのが一番です。

弱アルカリ性の石鹸はつっぱる

洗浄力が強いため、洗顔後はつっぱる感じがするということで、本当に肌に悪い影響はないのかということなども心配する方もいらっしゃるのですが、洗顔後に肌がつっぱるのは理由があるんです。

肌がつっぱると、表皮に必要な皮脂を出してくれるんです。

健康的な肌は弱酸性なんですが、ツッパリ感は弱酸性に戻ろうとしている合図なので、心配する必要はありません。

乾燥するのがイヤで、つっぱり感のない洗顔石鹸を探す方も多いのですが、最近はほとんどの洗顔石鹸に保湿成分が含まれていますので、洗ったばかりの肌は潤いがあり、しっとりした感じになります。

化粧水などを付けるのを忘れてしまいそうな洗い上がりになったりすることもあるようですが、洗顔後のスキンケアは大切です。

正常な皮脂分泌が行われていれば、アルカリ性の石鹸でしっかり洗い流し、清潔な肌を保ち、美肌を目指してみましょう。

その他の 豆知識 もご一緒にどうぞ。

このページの先頭へ