ニキビ(大人ニキビ)におすすめの洗顔石鹸ランキング

  • ニキビの元に直接届く!今までのニキビケアを変えます!

    ルナメアAC

    WEB限定 1週間お試しセット:1000円(税込1080円)
    送料無料

    【セット内容】
    ・ルナメアACファイバーフォーム 15g
    ・ルナメアACスキンコンディショナー 30ml(ノーマルタイプ)
    ・ルナメアACスキンコンディショナー 3ml × 2包(しっとりタイプ)
    ・ルナメアACジェルクリーム 12g

    潤いたっぷりのハーバルモイストエキスを配合しており、潤い成分が乾燥や肌荒れから守ります。
    殺菌剤不使用で肌に負担がかかりにくい。
    フジフィルムのナノ化技術を活かした独自成分「アクネシューター」が有効成分と潤い成分を同時に届ける。

  • ニキビを予防する石けんでニキビのできにくい肌へ!

    Non A(ノンエー)

    ■「全額返金キャンペーン」実施中
    初回限定で全額返金保証あり。

    ■お試しミニサイズ(12g)無料プレゼント!!

    ■その他プレゼント
    ①泡立てネット
    ②Non A.ローション(10ml)
    ③Non A.ジェル(5g)

    7万人以上のお悩み相談から生まれた薬用ニキビ専用洗顔石鹸です。
    これまでにない豊かな泡立ちが特徴で、キメ細かい弾力のある泡でやさしく洗い上げる「クッション洗顔」を実現!
    お肌の持っている力を最大限に引き出し、ニキビのできにくい肌へ!

  • 発売たちまち口コミで話題!商品満足度90%!簡単ワンステップのニキビ予防

    ファースト クラッシュ 3-in-1

    30日間お試しキャンペーン。
    万が一「肌に合わない」「効果が実感できない」場合も全額返金保証。

    ・スムースクリーム 30g(2400円相当)プレゼント

    洗浄・保湿・トリートメント、1本3役の効果。ニキビ肌にやさしいスクラブ剤フリーのジェルタイプ。
    ニキビケア石鹸なのに肌にもやさしい。洗顔をするだけでうるおってニキビ予防ができる。
    10~20代のニキビ予防にもピッタリ。

ニキビ(大人ニキビ)の原因から予防する洗顔石鹸の選び方

ニキビとは?

ニキビにも思春期ニキビと大人ニキビという種類があるのですが、どちらも皮膚の病気なんです。
〝尋常性ざ瘡〟という病気ですが、あまり気にしていないという方もいれば、増えすぎて困っているという方もいらっしゃいます。

あなたの肌はどうですか?

成長ホルモンが関係する思春期ニキビは、ホルモンバランスが安定すると改善される事が多いのですが、大人ニキビは繰り返す事が多く、治っても同じ場所に再発するということが多くなっていますので、深刻な問題ですよね。

脂性肌の方がニキビ肌となる事が多いのですが、皮脂分泌が過剰になり、毛穴が開いて皮脂を詰まらせてしまうのが大きな原因です。

ニキビができると跡になってしまうという事もありますので、悪化させないための対策が必要となります。
炎症を起こしてしまっている状態が赤ニキビとなりますが、潰した方が治りが早いと思っている方も多いんじゃないでしょうか?
そんなことをしてしまうと、色素沈着など跡として残ってしまいますから、潰したり触ったりするのはやめましょう。
一番に考えていただきたいのは、炎症を鎮めることなので、早めに対策するようにしましょう。

ニキビと大人ニキビの特徴や違いは?

ニキビは思春期ニキビと大人ニキビに分かれます。

・思春期ニキビ
成長ホルモンが関係していて、ホルモンバランスが安定すると改善されます。

・大人ニキビ
同じところにできては治る・・という感じで繰り返す場合が多いので深刻な問題です。

ニキビは尋常性ざ瘡という皮膚疾患です。
毛穴を皮脂で詰まらせたりすると、詰まった毛穴からニキビが発生してしまうことになりますので気を付けなければなりません。

ニキビは種類があります。
①白ニキビ
白くて小さいデキモノはニキビの初期です。
皮脂や汚れ・角質が詰まると白ニキビになります。

②黒ニキビ
白ニキビが酸化すると黒くなります。
炎症を起こすことなく、治りかけの状態のことを黒ニキビといいます。

③赤ニキビ
皮脂や汚れ、角質などに毛穴が塞がれてしまい、皮脂を好むアクネ菌が増殖して赤く炎症を起こした状態が赤ニキビとなります。
こうなると治るまでに時間がかかってしまう事になります。

④黄ニキビ
赤ニキビが悪化した状態が黄ニキビです。
ニキビの中に膿をもち、潰すとニキビ跡として残ることになります。

毛穴が詰まった状態から炎症が起きてしまうので、ニキビを作らないスキンケアが重要となります。
白ニキビ・黒ニキビの状態なら、痛みもありませんし、跡に残る事もほとんどありませんので、悪化させてしまわないようしっかりとケアする事を心掛けなければなりません。
気になって触ってしまったり、潰してしまったりすると肌を傷つけてしまう事になり、治りを遅くしてしまうばかりか、ニキビ跡になるリスクが高くなりますので、思春期ニキビも大人ニキビもどんな状態のニキビでも刺激を与えてはいけないというのが大きなポイントです。

ニキビができる原因

毎日ちゃんと洗顔しているし、保湿もしているのにどうしてニキビができるの?
・・と疑問に感じ、悩み続けている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

ニキビができるのは「毛穴の詰まり」が原因です!
ニキビができる原因が毛穴の詰まりなら、どうして毛穴が詰まってしまうのかという原因もあるはずです。
毛穴を詰まらせる原因について、いくつか挙げることができます。

・皮脂の過剰分泌
脂質の多い食事やストレス・睡眠不足が原因となり、皮脂が過剰に分泌され、皮脂が毛穴を塞いでしまうことになります。

・乾燥肌
皮脂の分泌量が少なく、肌のバリア機能となる皮脂が不足して肌内部の水分が蒸発してしまい、角質が硬化して少量の皮脂でも詰まりやすくなってしまいます。

・間違ったスキンケア
洗顔の際に、肌に残さなければならない脂も洗い流してしまい、乾燥から肌を守るために皮脂が過剰になり毛穴が詰まってしまうのです。

これらが毛穴を詰まらせる原因ですが、皮脂が多いと毛穴が詰まってしまい、肌の常在菌であるアクネ菌が毛穴に詰まった皮脂をエサとして増殖し、毛穴に炎症を起こしてしまいます。

約一ヶ月ぐらいの周期で古い角質が剥がれ落ち、新しい肌に生まれ変わるというサイクルなのですが、その事をターンオーバーと言います。
このターンオーバーの乱れによって古い角質が剥がれないまま肌に残り、毛穴を塞いでしまうとニキビになってしまいますから、洗顔し過ぎによるバリア機能の低下やストレス、睡眠不足によるホルモンバランスの乱れにも注意が必要という事になります。
肌のターンオーバーが乱れてしまう事や、きちんと汚れを落とす事ができていないということもニキビができる原因ですので、洗顔にも気をつけなければなりません。

ニキビができるのは毛穴の詰まりが原因で、毛穴が詰まるのは過剰な皮脂分泌と乾燥による肌の硬化が原因ということになりますので、皮脂が出過ぎないようにする事が大切です。

思春期ニキビも皮脂が過剰になっているために発生するのですが、学生の悩みの1つでもあります。
ニキビが沢山できてしまい、学校に行きたくないとか楽しく過ごせないというような問題もあるのですが、ホルモンバランスの関係で皮脂が多い部分にできます。
思春期の間だけという一時的なニキビであるケースが多いのですが、ストレスや睡眠不足がホルモンバランスを乱れさせるという事もあります。

皮脂の量は自分でコントロールできるものではありませんが、ニキビができる原因がわかれば対処方法も見つかるはずなので、ニキビを改善する事・ニキビができない肌を作る事を考えてみましょう。

ニキビを予防・改善する方法

ニキビができるのは毛穴の詰まりが原因ですが、毛穴が詰まるのを予防するためにはどうしたらいいのでしょうか?

まず、肌細胞は約一ヶ月のサイクルで古いものから新しいものに生まれ変わります。
肌が生まれ変わることをターンオーバーというのですが、古い角質が剥がれずに厚くなってしまい、毛穴を塞いでしまえば、ターンオーバーが乱れているという状態になります。

ターンオーバーが乱れると、古い角質が剥がれ落ちずに厚くなってしまい、毛穴が塞がり皮脂が排出できない状態になり、皮脂が詰まり、アクネ菌が増殖して炎症性のニキビとなってしまいます。

アクネ菌が悪さをしているという印象を受け、アクネ菌を撃退するという事を考える方もいらっしゃるようですが、アクネ菌は肌の常在菌ですので退治するのではなく、増殖しないようにする事が大切なのです。

では、皮脂を増殖させないためにはどうすればいいのかという事になりますが、皮脂分泌が過剰にならないよう気をつけることが一番重要ですので、ニキビの予防・改善策として挙げられるのです。
・生活リズムを整える
・バランスの良い食事をする
・ストレスを溜めない
・睡眠をしっかりとる
これらを意識して生活するようにしていただければ、ホルモンバランスも整い、ターンオーバーが正常に行われるようになりますから、ニキビを予防するために重要なこととなります。
ストレスを感じる事が多くなると、男性ホルモンが増えてしまい、皮脂の分泌量が増えてしまいますので、ストレスを溜めない事がニキビ予防に重要なポイントとなります。

また、スキンケアについても注意点があります。
・洗顔の際はしっかりと泡を洗い流す
・1日に何度も洗顔しない
・ゴシゴシこすり洗いをしない
・熱いお湯で洗わない

こういった事に気をつけていただく事になりますが、油分の多い化粧品が原因でニキビができてしまう事もありますので、ファンデーションや基礎化粧品は避けるといいでしょう。
できてしまったニキビや悪化してしまったニキビについては自然に治るのを待つか、皮膚科を受診するという方法に分かれますが、これ以上悪化させないようにするのが一番です。
洗顔の回数についても多くて、1日2回となります。
洗顔し過ぎると肌に必要な皮脂までも洗い流し、乾燥させてしまう事になりますので皮脂が多くても洗顔し過ぎてはいけません。

ニキビを早く直すつもりで、赤ニキビや黄ニキビを潰してしまう方もいらっしゃいますが、潰してしまうとニキビ跡になってしまうリスクが高くなりますし、周辺の皮膚までダメージを与えたり傷つけてしまうことになり、症状を悪化させてしまうことになりますから、どんなに気になっても潰してはいけないという事はしっかりと理解しなければなりません。

ニキビの原因から予防改善する洗顔料の選び方

ニキビの原因はいろいろありますが、一番の原因は毛穴の詰まりです。

毛穴が詰まるのは皮脂分泌量が多いのが原因ですから、洗顔して皮脂を落とした方がいいと思われがちですが、洗顔し過ぎは肌荒れや乾燥の原因になりますので、洗顔は多くても朝と夜の1日2回までとしましょう。

ニキビを予防する洗顔料はどんな種類がいいのか、どういう成分に注目するべきなのかを確認し、ニキビを根本から改善する事を考える必要があります。
皮脂を落とすことだけを考える方もいらっしゃるはずですが、ニキビ肌には刺激性のものはNGですので、洗顔フォームという合成界面活性剤が使用されているものはオススメする事ができません。

ニキビがある肌やニキビになりやすい肌には、純石けん成分で作られている固形の洗顔石鹸がオススメです。
洗顔石鹸で洗うと肌がつっぱりそう・・ということで使用できない方もいらっしゃるようですが、石鹸は肌に悪影響を与える成分を含んでおらず、敏感肌に適していますので、ニキビに悩む方にも安心してお使いいただく事ができます。

・乾燥肌とニキビ
乾燥するのにニキビができるのはどういうこと?
と思っている方もいらっしゃいますが、乾燥肌は角質層が硬くなり、毛穴が塞がれた状態に皮脂が詰まってニキビができてしまいますので、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が含まれている洗顔石鹸を選ぶようにして下さい。

・脂性肌とニキビ
皮脂が毛穴を詰まらせ、常在菌であるアクネ菌が増殖してニキビを発生させますので、毛穴を詰まらせないようにする事がと、洗い過ぎて肌を乾燥させて皮脂分泌を過剰にしないようにすることに気を付ける必要があります。
皮脂が多いのは乾燥が原因である事が多いので、保湿してくれる洗顔石鹸がオススメです。

・敏感肌とニキビ
アトピーやニキビ肌など、外的刺激に弱い敏感肌には低刺激性の優しい洗顔石鹸を選ぶ事が重要です。
石鹸成分ばかりの無添加の洗顔石鹸なら余計な物は入っていませんから、安心だと思われがちですが、洗浄力があるため、皮脂を多く取りすぎてしまいます。
また、美容成分が多く含まれている石鹸となると、肌はしっとりしますが、汚れ落ちが悪いので、肌の状態に影響してしまうことになりますので、洗顔に適しているのは、程よい保湿成分が含まれている石鹸なので、保湿成分と石鹸成分というシンプルな洗顔石鹸を選ぶと良いでしょう。

洗顔石鹸だと乾燥してしまうという印象が強く、洗顔後のつっぱり感はとても気になるところです。
お肌は弱酸性なので、肌に刺激を与えない弱酸性の洗顔フォームの方が肌に優しいと思われがちです。
一方、洗顔石鹸はアルカリ性ですので、洗顔すると肌をアルカリ性にします。
アルカリ性に傾いた肌は、弱酸性に戻ろうとして肌を活性化させるという働きがありますので、ターンオーバーを促すこともできるのです。
しかも、洗顔石鹸は防腐剤や香料、着色料などの添加物は使用せずに天然の成分でできて入るものが多いので、肌に優しく安全なのです。
洗いあがりのつっぱり感に対する不安が強い方は、自然由来の保湿成分が含まれている洗顔石鹸がオススメです。
ニキビができやすい肌で、ニキビ予防をお考えの方は、洗顔石鹸を使用し正しく洗顔しましょう。

ニキビ肌の洗顔方法について

ニキビがある肌は刺激しない方がいいと言われていますが、洗顔しないわけにはいきません。
洗顔して清潔な状態にし、保湿をしっかりとしてあげることで肌の状態は改善されますので、ニキビ肌はどうやって洗顔したらいいかという事を調べてみましょう。

まず、余分な皮脂を残してはいけません。
肌が乾燥するのを避けるために、保湿や美容成分がたっぷりと含まれている洗顔石鹸は、洗浄力が弱めなので、毛穴に汚れが残り、皮脂が詰まりやすい状態となり、ニキビができやすい肌となってしまうのです。
毛穴や肌に汚れや余分な皮脂が残っている状態で、高い化粧水や美容液を使ってスキンケアしても、しっかりと浸透していきませんので、洗顔は汚れを落とせる石鹸を使用しましょう。

洗顔は朝と夜の2回が基本となっていますが、朝は洗顔石鹸を使う必要はなく、水だけで洗うのがオススメです。
夜はメイク汚れを落としたりする必要があるので、洗顔石鹸を使ってきちんと洗う必要がありますが、朝の洗顔は寝ている間の汗やホコリ・余計な皮脂を落とすというのが目的ですから、水洗いで充分落とす事ができます。

ニキビがある肌は、できるだけ刺激を与えないようにする事が大切です。
低刺激の洗顔石鹸でも、肌に負担がかかってしまうことは否定できませんので、ニキビがある肌は朝は水だけ洗顔をしてみましょう。

古い角質も水だけで洗い流す事ができます。
洗い過ぎると肌が荒れてしまいますので、皮脂が多い方も洗顔の回数を増やしたりしてはいけません。
オイリー肌の方も、実は乾燥が原因で皮脂分泌が過剰になっているというケースが多いので、水だけで洗うというシンプルな洗顔も取り入れていただければ、改善する事ができるはずです。

正しい洗顔方法

①手を洗う(手の汚れを落とす)
②顔を水で流す
③洗顔石鹸を泡立てる
④顔に泡を乗せて泡で洗う
⑤しっかりとすすぐ
⑥清潔なタオルで拭く

これが正しい洗顔の流れですが、朝は③と④と⑤は省いても問題ありません。

手を洗うこと、清潔なタオルで拭くことはとても重要な部分です。
手についている雑菌を洗い流さないと、ニキビに悪影響を与えてしまうことになるので、気を付けて下さい。
洗う順番は、皮脂の多いTゾーン(おでこや鼻周り)を先にし、頬やあごという感じがベストです。

また、洗顔の際は熱いお湯はNGです。
30度ぐらいのぬるま湯で洗うようにするといいでしょう。
泡で洗うのは基本中の基本ですが、汚れを吸着する成分が含まれている石鹸なら泡を乗せるだけで汚れを吸着して洗い流します。

そして泡を洗い流す際は、すすぎ残しがないように注意する必要があります。
すすぎ残しが原因で肌荒れしてしまうというケースもありますので、気を付けて下さい。
清潔なタオルで拭くというのが最後になりますが、清潔なタオルを使ってごしごししないよう、優しく当てるようにして下さい。

ニキビ肌や敏感肌の方に限らず、シャワーを顔に当てて洗い流すとセラミドや天然保湿成分(NMF)がなくなってしまいますので、気をつけましょう。
正しい洗顔を続ける事によって、徐々にニキビができない肌になりますし、オイリー肌・乾燥肌などのトラブルになりやすい肌を改善する事ができます。

洗顔後のニキビケア

ニキビ肌のスキンケアは、やり過ぎにも注意が必要です。
洗顔し過ぎは肌荒れを悪化させてしまいますし、保湿し過ぎると角質層がふやけてしまい、肌が刺激を受けやすい状態になってしまいますので気を付けなければなりません。

オイリー肌でニキビができやすいということで、さっぱり系の化粧水を使用する方もいらっしゃいますが、ニキビ肌は充分に保湿する事で改善できます。
オイリー肌だからしっかりと皮脂を洗い流してさっぱりとさせたいという気持ちもわかりますが、乾燥させてしまうと皮脂分泌が過剰になりますので、ニキビ肌こそ保湿が重要となります。

化粧水や美容液で保湿する事がニキビケアに必要なこととなりますが、化粧水に含まれている成分については、アルコールや油分が多いものを使うとよくありません。
ニキビ肌用の化粧水などもありますが、肌を乾燥させてしまい、バリア機能が壊されてしまう事になります。

敏感肌でニキビがあるという方にはアルコールの刺激が肌荒れを起こし、乾燥肌でニキビがある場合は、アルコールが皮脂を抑えすぎて肌荒れを起こします。

ニキビがある時はニキビ肌用の化粧水がいいと思われがちですが、肌に必要なのは保湿するための成分です。
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・アミノ酸

これらの成分が肌を保湿しますので、化粧水を選ぶ時はこういった成分が含まれているものを選ぶようにして下さい。
ニキビがある状態で、コットンで刺激を与えるのは良くないので、肌に負担をかけないよう、手のひらでゆっくりと包み込むように保湿します。
化粧水は手のひらで体温と同じぐらいの温度にすると、浸透しやすくなりますのでオススメです。
化粧水の後に美容液が必要となりますが、化粧水でのケアと同じようにこすらずに優しく馴染ませるようにして下さい。

大人ニキビは、乾燥しやすい部分にできます。
肌が乾燥し、皮脂が過剰に分泌されて毛穴が皮脂によって塞がれてしまい、ニキビができるということになりますから、乾燥させないよう化粧水などできちんと保湿する事が正しいニキビケアとなります。
頬やフェイスラインにできてしまう場合や、口周りにできやすいという方もいますが、皮脂が少なく乾燥しやすいところにできやすいので、しっかりとケアするようにしましょう。

ニキビのメカニズム

ニキビの原因は〝毛穴の詰まり〟となるのですが、ターンオーバーが正常でない場合は角栓が毛穴に詰まってしまうことになります。

クレンジングや洗顔・メイクなどの刺激によって肌を守る為に角質が硬くなって詰まらせてしまうという事もあります。

ニキビにも種類があります。

  • 白ニキビ
  • 黒ニキビ
  • 赤ニキビ
  • 黄ニキビ

色でその症状がわかるのですが、白ニキビ・黒ニキビは初期段階のニキビなので、優しく上手に取り除く事ができれば、悪化を防ぐ事ができます。

赤ニキビは、白・黒というニキビを放置するとできるのですが、詰まった皮脂を栄養としてアクネ菌が増殖してしまい、炎症を起こしている状態です。
こうなると跡として残る事が多いので、潰したりせず皮膚科でみてもらった方がいいといわれています。

黄ニキビというのは、赤ニキビの炎症がひどくなり、膿を持った状態のことです。
色素沈着やクレーター(陥没皮膚)となってしまう事が多いので、こうなる前に専門医に相談する事が大切です。

女性は黄体ホルモンの関係でニキビが増えてしまうこともあるのですが、生理前は黄体ホルモンの分泌が活発になりますので、予防の為にも肌を清潔な状態に保つ事が大切です。

ニキビ予防は毛穴ケア

毛穴を詰まらせないようしっかり洗う事ができる洗顔石鹸を使う事が大切です。

ニキビの炎症に働く有効成分などが含まれているものもオススメですが、基本的には毛穴を清潔にすることです。

乾燥肌×ニキビ

角質層が硬く、毛穴が閉じている状態なので、角質ケアに必要なグリコール酸という成分に注目し、保湿・低刺激性で選ぶようにしてください。

脂性肌×ニキビ

皮脂が毛穴を詰まらせるのが一番の原因で、アクネ菌の増殖を招きますので、皮脂をケアすることと、洗い過ぎないこと、皮脂を抑える成分であるダイズエキスやグリチルリチン酸という成分を探しましょう。

敏感肌×ニキビ

外的刺激に弱い敏感肌には低刺激性の優しい成分が一番です。
保湿成分が含まれている低刺激性の洗顔石鹸をよく泡立てて刺激しないように洗いましょう。

ニキビはできてから対処する方も多いのですが、ニキビの原因となる肌環境にならないようにすることも大切だと思います。

その他の 選び方・ポイント もご一緒にどうぞ。

  • 美肌美しい肌と書いて美肌(びはだ)と呼ぶのですが、どのような肌が美肌だと思いますか?…
  • シワ・たるみ顔のたるみを気にする女性は多いと思います。 年齢と共に肌の弾力がなくなってしま…
  • シミ・そばかす男性女性問わず、シミはできてしまうものなのですが、シミにはいくつかの種類がありま…
  • アンチエイジング最近は〝アンチエイジング〟という言葉をよく耳にするようになりましたが、老化を防ぐ…
  • くすみ肌の透明感やツヤが失われた状態を〝くすみ〟と言うのですが、顔全体が暗くなってしま…
  • 保湿お肌が乾燥したり、弾力がなくなってくるのを防ぐ為に、保湿をする事が必要となるわけ…
  • 美白肌に色素沈着がなく、明るくてキレイな肌のことを言うのですが、あなたは美白を意識し…
  • 肌荒れ肌荒れは誰でも経験した事がありますよね?ニキビ・かぶれ・湿疹・赤み・くす…
  • オイリー肌(脂性肌・オイリースキン)メニューオイリー肌とは? オイリー肌のメカニズム オイリー肌で大事な…
  • 混合肌メニュー混合肌とは? 混合肌のメカニズム 混合肌で大事なこと 肌に…
  • 乾燥肌その乾燥肌が良くならない一番の原因は、正しいスキンケアをしていないということです…
  • 敏感肌メニュー敏感肌とは? 敏感肌のメカニズム 敏感肌で大事なこと 肌に…
  • アレルギー体質メニューアレルギー肌とは? アレルギー肌のメカニズム アレルギー肌で…
  • アトピー肌メニューアトピー肌とは? アトピー肌のメカニズム アトピー肌で大事な…

このページの先頭へ