洗顔後に肌がつっぱる原因&つっぱらない為の正しい洗顔方法

洗顔後のつっぱり感

洗顔後にすぐ肌が乾燥してつっぱるという方は、洗顔石鹸に含まれる保湿成分に注目してみてください。

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分が含まれているものがオススメですが、きちんと保湿成分は含まれているのにつっぱった感じがするという方もいらっしゃいます。

こういう方の特徴としては、泡切れをよくする為に温かいお湯で洗顔している事があるのですが、洗顔の際はお湯を使ってはいけません。

熱めのお湯を使って洗顔すると、肌の油分を取りすぎてしまいますからつっぱったような感じになるんです。
どんなに保湿成分が入っていても、お湯の力には負けてしまいます。

ぬるま湯でも洗浄力の強い洗顔石鹸を使えば洗顔後すぐにつっぱり感を感じてしまいますので、肌に必要な皮脂は残すように洗う事が重要です。
角質層の潤いが足りていないのも問題ですから、日々のスキンケアはしっかり保湿をし、肌にある水分を蒸発させないようにしましょう。

乾燥肌でつっぱるという方はホホバオイルオリーブオイルなどの成分が含まれている洗顔石鹸を使うのがオススメです。

洗顔後に肌がつっぱる感じがするのは、日々のスキンケアが大きな原因で、肌の潤い不足を改善しなければなりません。
洗顔だけで改善する事はできませんから、肌の保湿力を高めることも意識するようにしましょう。

つっぱり感がもたらす肌トラブル

洗顔後のスッキリ感を求めて、過剰に洗いつっぱり感があるのをすごくいい状態だと感じている方もいらっしゃるんじゃないかと思いますが、つっぱったまま放置してはいけません。

洗い過ぎによる過剰な皮脂分泌にもなりますから、洗顔後のつっぱりが酷い洗顔石鹸は使わないようにしましょう。
顔の洗いすぎも脂性肌の原因の一つです。オイリー肌(脂性肌・オイリースキン)のメカニズムや改善方法

どんなに保湿成分が多い洗顔石鹸を使っても同じ・・とおっしゃる方もいらっしゃるようですが、それは〝洗い過ぎ〟が原因ですので、洗顔にかける時間や、洗顔の方法も見直していただく必要があります。

余分な皮脂や汚れを落とす為に、肌に必要な潤いまでも取り除いてしまえば、どんどん肌の状態は悪くなります。
肌の角質層まで壊れてしまい、化粧水や美容液が浸透しないボロボロの肌になってしまいますので、保湿効果のある石鹸を使うなら、洗い過ぎに気を付けてください。

その他の 正しい洗顔方法 もご一緒にどうぞ。

このページの先頭へ