洗顔石鹸、化粧石鹸、浴用石鹸、洗顔フォームの違いって何?

石鹸の種類と違い

洗顔石鹸・化粧石鹸・浴用石鹸・洗顔フォーム
このような種類の石鹸があるわけですが、大きく分けると2種類になります。

洗顔フォーム・・クリームタイプ
石鹸・・固形タイプ

このようになるのですが、配合されている成分も違います。
形に違いがあるのですぐにわかるとは思うのですが、固形だから成分はみんな同じというわけではないんです。
固形でも石鹸ではないこともありますし、練り状とかクリーム状でも石鹸と呼ばれているものもあります。

洗顔フォームの特徴は、合成界面活性剤が含まれており、洗浄力が強力なので肌が荒れてしまう原因となりますので、根こそぎ汚れを落とし、肌に必要な皮脂膜まで破壊してしまうということになります。

その点、石鹸は脂肪酸カリウムや脂肪酸ナトリウムという天然成分で作られていますので、肌に優しく、肌に不要なものだけを洗い流すという事ができるのです。

洗顔フォームと石鹸の違いは、合成界面活性剤が含まれているかどうかということなのです。

では、洗顔石鹸・化粧石鹸・浴用石鹸の違いについてなんですが、成分的な違いはあまりないのですが、皆さんはどんな違いがあると思いますか?

化粧石鹸・・体を洗うための石鹸となっていますが、洗顔顔にも使う事ができます。

洗顔石鹸・・肌に負担をかけずに洗える成分が含まれているもの(保湿成分など)で植物性・無添加となっている事が多いですね。

浴用石鹸(普通の石鹸)・・浴室で使うためのものなので、溶けにくいよう粒子が粗く作られています。
粒子が粗いという事は、顔には刺激になってしまう可能性がありますので、使うのは控えた方が良さそうです。

石鹸なんて全部同じ・・なんて思っていた方もいらっしゃるんじゃないかと思いますが、使う部位によっては乾燥を招いたりすることもありますので、使い分けるようにしましょう。

洗顔石鹸は無添加

洗顔用の石鹸は、パッケージに無添加とかかれている事が多いのですが、どんな成分を使っているのか気になりませんか?

〝天然素材で肌に優しく洗えます。〟

このようなキャッチコピーが多いのですが、毒性が強い合成界面活性剤が含まれている洗顔石鹸もありますので気をつけるようにしましょう。

無添加と紹介しながら、合成界面活性剤が含まれているものもありますので、こういう成分が含まれていないかどうかきちんとチェックする事が大切です。
※肌が弱い方はノンケミカルのススメ!合成界面活性剤不使用の洗顔石鹸を選んだ方がいい理由も参考になるかもしれません。

この成分はアトピー敏感肌にはかなり強い刺激になりますので、〝無添加〟という記載を鵜呑みにしないことが大切です。

その他の 豆知識 もご一緒にどうぞ。

このページの先頭へ