乾燥肌におすすめの洗顔石鹸ランキング

  • 生石けんで洗うだけ!開き、凹み、タルみ…大人毛穴キュッ。

    VALANROSE 生エッセンスソープ

    通常価格2700円が1350円(税込)
    割引き率:50%OFF

    送料無料

    ・専用ボトルプレゼント

    年齢肌にハリを与える保湿成分を贅沢配合。毛穴の黒ずみをもこもこ泡が吸着!スッキリ。
    ゆるみ毛穴にハリと潤いを与えて保つ保湿洗顔。開ききった毛穴をキュッと引き締める。
    生製法だから美容成分が最高の状態。

  • 毛穴もくすみも洗い流せたら!とろけるクレンジングでフェイシャルエステ!

    D.U.O. ザ クレンジングバーム

    1000円割引(28%OFF)
    送料が無料

    ■お試しトライアルコース(45g)あり
    1800円(税込1944円)

    【セット内容】
    ・D.U.O.クレンジングバーム 45g
    ・エッセンス 3ml
    ・ローション 20ml

    W洗顔不要!石油系界面活性剤不使用。「クレンジング、洗顔、トリートメント、角質ケア、マッサージ」の5つの機能。
    31種類の厳選エイジングケア成分で年齢肌もケア。特殊カプセルが毛穴の汚れや古い角質を取り除き透明感のある肌へ。
    肌にやさしい無添加処方。

乾燥肌を改善する洗顔石鹸の選び方

その乾燥肌が良くならない一番の原因は、正しいスキンケアをしていないということです。
多くの人が肌の表面を保湿すれば乾燥肌は改善されると勘違いしているんじゃないでしょうか?

このページは乾燥肌について正しく知り、正しいスキンケアを行い改善に導くためのコンテンツとなっております。
カサカサ肌から潤いぷるるん肌を目指しましょう!

メニュー

乾燥肌とは?

乾燥肌というのは、皮脂分泌の低下や水分量の低下が原因で肌内部にある角質層の水分が不足している状態です。

  • ・肌がザラザラしたりカサカサしている
  • ・肌が硬い
  • ・化粧ノリが悪い
  • ・洗顔後に顔のツッパリ感が続く
  • ・シワが多い
  • ・顔が痛い

これらは乾燥肌の症状として挙げることができます。
乾燥が原因で、皮脂欠乏症(乾皮症)という病気になってしまうケースもあり、肌がカサカサになって皮が剥がれてしまったり、ひび割れてしまったりしてバリア機能がなくなり、肌が荒れてしまうこともあるので乾燥肌はしっかりと改善する必要があります。

肌は乾燥するとちょっとした刺激でもかゆみを感じたり、今までのスキンケアも刺激になってしまうことがあります。
肌内部のセラミドが不足してしまうのも乾燥肌の原因のひとつですが、正しいスキンケアをし、角質層を潤すことで乾燥を予防することも重要な点となります。
顔がすぐにテカってしまう方は、オイリー肌だと思っていたりするんですが、肌内部が乾燥しているため、皮脂分泌が過剰になってしまっているという事もあります。

秋~冬にかけて、肌の乾燥に悩む方も多いのですが、現代はエアコンなどの関係で一年中乾燥してしまうという方もいらっしゃいますから乾燥対策はしっかりすることをオススメします。

乾燥肌になる原因は何?

乾燥肌というのは、皮脂の分泌が低下していたり、角質細胞間の脂質が減り、角質の水分が少なくなってしまっている状態の事です。
秋から冬は乾燥肌になってしまう時期なんですが、1年中乾燥しているというお肌は、他の原因が考えられます。

お肌が乾燥する原因

①間違ったスキンケアをしている

汚れを落とすためにこすりすぎると角質層を傷つけ、保水力を保てなくなるので、洗顔石鹸をよく泡立てて、こすらずやさしく洗顔する事が大切です。
洗浄力の強い洗顔石鹸を使用して、ゴシゴシ洗ってしまうと肌を傷つけ乾燥しやすい肌になってしまいます。

②食生活の乱れ

ダイエットのため食事制限をしたり、ジャンクフードばかりを好んで食べている方は、良質なたんぱく質を摂取する事が出来ず、肌の脂質が減少して乾燥肌を招いてしまいます。

③生活習慣の乱れやストレス

エアコンにあたりすぎたり、ストレスを溜め込んでいたり、睡眠不足など、生活習慣が乱れていると肌のターンオーバーが乱れてしまい、エアコンの乾燥した空気にさらされ、肌が乾燥するという事になるのです。

④皮脂量の減少

皮脂は肌を保護するために必要な保護膜のような役割ですが、その皮脂分泌を促すのは男性ホルモンです。
女性やお年寄り小さな子供は男性ホルモンが少ないので皮脂の分泌量は少なく、年齢と共に減少するので部分的に乾燥してしまうのをキッカケに全体が乾燥してしまいます。
血行不良や加齢でも皮脂量は減少しますので、刺激の強い洗顔石鹸の使用はやめるのが一番です。
洗浄力が高い洗顔石鹸を使用すると、皮脂を過剰に洗い流してしまい、乾燥肌を悪化させてしまいます。

これらが乾燥肌になってしまう原因となっているのですが、皮脂の量が減ったりターンオーバーが乱れるのは何が原因なのか、改善する事はできるのか・・という事も考えなければなりません。

Q.皮脂量は自分でコントロールできる?
皮脂の分泌は、男性ホルモンが関係していて、女性や子供、お年寄りは皮脂量が少なく、加齢や血行不良で減少してしまいますから、これが原因で乾燥肌になることもあります。

Q.ターンオーバーの乱れる原因は?
肌のターンオーバーが乱れると角質層の中にあるセラミドが生成されなくなります。
基本的に角質層は、水分を保つ役割をしているんですが、ストレスや睡眠不足など、生活習慣が乱れてしまう事によって肌サイクルが乱れてお肌が乾燥します。

肌は通常、皮脂膜と天然保湿因子(Natural Moisturizing Factor/ナチュラル モイスチャライジング ファクター)・セラミドを含んだ角質細胞脂質の3種類がバリアを作って角質層を潤し、肌内部にある水分が蒸発しないようになっているのですが、肌を刺激から守るためにある角質層が乾燥してバリア機能が無くなってしまうと、肌を守るために角質層が厚くなろうとし、急ぎすぎてと生産が間に合わず、ちゃんとした角質細胞が作られずにゴワゴワの肌になってしまうので、肌に優しい洗顔石鹸で肌を傷つけないように洗顔する事が大切なのです。
天然の保湿因子は角質細胞内に存在するんですが、アミノ酸や乳酸・尿素などの成分が含まれており、水分を保持するという性質があり、肌の生まれ変わりに大きく関係しています。
ターンオーバーが乱れると、天然の保湿因子はつくれなくなり、水分が奪われやすい肌になってしまいますので睡眠不足など、生活が乱れてしまわないように気をつける必要があります。
※天然保湿因子は英語でNatural Moisturizing Factor/ナチュラル モイスチャライジング ファクターといい、略語でNMFと呼ばれています。

肌内部の角質層が乾燥している状態をインナードライというのですが、肌の表面から化粧水や乳液などで保湿をしても肌の内側まで浸透させないと乾燥肌のままという事になるのです。
お肌の汚れをしっかり落とす正しい洗顔をする事が大切で、洗顔石鹸は界面活性剤不使用の皮脂を取り過ぎないものを選ぶようにし、乾燥肌を改善していくことが重要です。

乾燥肌は保湿成分を肌に浸透させることが大切

どんなに化粧水などで保湿をしてもすぐ肌がカサつくという方は、肌の奥の角質層まで浸透させる事ができていないのが原因のひとつです。

乾燥した肌は、皮膚の表面にうるおいがなくカサカサした状態で、柔軟性がなくなります。
柔軟性のない肌になってしまえば化粧水や美容液で保湿をしても、肌の奥までしっかりと浸透できません。
そこで、肌の潤いを保つためにはまず洗顔を見直す必要があります!

  • 熱いお湯で洗わない
  • ゴシゴシこすらない

この2点はとても大事なことです。
熱いお湯で洗顔すると、皮脂をとりすぎ乾燥させてしまいますので、ぬるま湯程度にしましょう。
ゴシゴシと摩擦するのは、肌の表面を傷つけてしまう事になり、バリア機能が弱まって肌内部の水分が蒸発してしまうという悪循環を作ってしまう事になるのです。
皮脂を取りすぎてしまったり、加齢が原因で皮脂分泌が不足してしまう場合は半身浴で体を温めて、発汗を促すというのも良い方法です。

洗顔石鹸を良く泡立て、手で擦るのではなく泡で洗うのが基本です。
界面活性剤不使用で肌に優しい成分でできている洗顔石鹸を選んでいただき、しっとりとした洗いあがりになるのが理想ですから、自分の肌に合う洗顔石鹸を探し、しっかりと保湿するようにしましょう。
乾燥肌になる原因は、洗顔の仕方以外にもいろいろあり、ターンオーバーも関係しているので、生活リズムを整え、不規則な生活習慣を改善し、睡眠不足に鳴らないようにする事も大切です。
肌が乾燥すると、乾燥小ジワやシミもできやすくなりますし、年齢と共に皮脂も少なくなりますから、洗顔石鹸に含まれる成分も確認しながら選び、正しいスキンケアを心掛けて下さい。

乾燥肌に合う洗顔石鹸の選び方

洗顔料ってどれも同じだと思っていませんか?
種類も色々あるので、どれでもいいやと思う方もいるようですが、それぞれ配合されている成分は異なり、まず大きく二つに分ける事ができます。

  • 洗顔フォーム
  • 洗顔石鹸

この二つは見た目や使い心地が違うだけでなく、使われている成分が全く違いますが、結論でいうと洗顔石鹸の方が肌に優しく、肌に余計な物を洗い流してくれます。

まず、洗顔フォームという種類の洗顔料は合成界面活性剤が含まれています。
合成界面活性剤は洗浄力がとても強く、メイクも落とせるという洗顔料もありますが、汚れだけではなく、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうので乾燥肌の方は注意が必要です
石鹸に含まれている合成界面活性剤は、洗い流すので問題ないと考える事もできますが、毛穴の中に入って汚れを落とすとなると、この成分も一緒に入りこむ事になります。

合成界面活性剤は、食器に付いた油汚れを落とす食器用洗剤や汚れた衣類を洗濯する際の洗剤を洗ったりする洗剤にも使われています。
真っ白キレイな状態にする事ができますが、素手で使えば手がボロボロの状態になります。
合成界面活性剤というのは汚れだけではなくさまざまな物を溶かして落とす強力な成分なので、肌に必要なものも洗い流してしまい、乾燥させてしまうことになるのです。
化粧品や洗剤にも合成界面活性剤は使われているので注意が必要です。

洗顔料に含まれている合成界面活性剤は、洗い流すから問題ないんじゃないかと考える事もできますが、毛穴の中に入って汚れを落とすとなると、この成分も一緒に入りこむ事になります。
肌に触れている時間が長ければ長いほど肌をボロボロにし、肌に必要なセラミドも洗い流しバリア機能までも破壊します。
洗顔フォームは洗いあがりがしっとりとしているものが多く、乾燥肌の方も安心して使っているのではありませんか?
洗いあがりがしっとりしている洗顔フォームは、人工的な保湿成分でうるおいを与え、乾燥肌がよくなっているようにごまかしているという状態になりますので、肌に優しいと謳われていても合成界面活性剤が使われていれば危険であることに変わりはないのです。

では、気になる洗顔石鹸はどうでしょう。
洗顔石鹸と言うと固形という印象が強いのですが、見た目の違う練り状になっている洗顔石鹸もあります。

洗顔石鹸は合成界面活性剤が含まれておらず、石けん素地という主成分を使用し、防腐剤や着色料・香料などの添加物は使われていないので、肌への負担はとても少ないのです。
洗顔石鹸は弱アルカリ性なので、洗いあがりはつっぱります。
このつっぱり感が乾燥肌には良くなさそうということで、乾燥肌の方には特に敬遠されてしまうのですが、アルカリ性の石鹸で洗顔すると肌はアルカリ性に傾きつっぱりという症状が現れ、酸性に戻ろうとしますので肌の活性化に繋がります。
人間の肌は弱酸性ですから、弱酸性の洗顔料の方がいいと誤解している方も多いようですが、肌に優しく洗い上げるのは洗顔石鹸ということになります。
肌がつっぱったら化粧水や美容液でしっかりとスキンケアしていただければ問題ありません。

※肌に優しい弱酸性と謳うボディーソープや洗顔料もありますが、合成界面活性剤が使われていれば肌に優しくありませんので気をつけましょう。
※合成界面活性剤についてもっと知りたい方は合成界面活性剤不使用の洗顔石鹸を選んだ方がいい理由をご覧下さい。

100円程度で購入できる石鹸は純石鹸ですが、ちょっと高級な洗顔石鹸はグリセリンなど乾燥肌の有効成分が含まれていてしっとりとした潤いを与えるので、洗いあがりがつっぱるのが気になる方にオススメする事ができます。
これまで、使いやすさや泡立ちのよさを魅力として洗顔フォームを使っていたという方も、乾燥肌を改善する事を考えるなら、洗顔料の見直しが必要です。
乾燥肌の方は保湿成分となっているグリセリンが含まれている物を選ぶようにしましょう。
製造方法がコールドプロセスで手作りされている洗顔石鹸なら安心です。

乾燥肌向けの洗顔方法

乾燥肌の方の洗顔方法についてですが、乾燥肌の方は、特に洗顔に気をつけなければなりませんので、間違った洗顔方法から見直す必要があります。

間違った洗顔方法

  • ①熱いお湯で洗っている
  • ②ごしごし擦っている
  • ③時間をかけて洗っている
  • ④1日に何回も洗顔する

熱いお湯で洗ってはいけないというのは基本です。
熱いお湯で洗顔すると、本来ならば肌に残しておくべき皮脂も洗い流してしまい、乾燥させてしまうことになりますから、乾燥肌の方以外も注意が必要です。
冷たい水で洗うと毛穴が引き締まると思っている方もいますが、泡切れが悪いだけでなく、肌は急激に冷やすと赤くなってしまったり乾燥したりするので、冷たい水と熱いお湯で洗ってはいけません。

乾燥肌の洗顔方法は、しっかりとメイクを落とし、洗顔石鹸をよく泡立ててたっぷりの泡で包み込むように洗います。
ゴシゴシこすり洗いをすると摩擦で肌を傷つけてしまいます。
泡で洗うという事を意識し、ぬるま湯で洗い流しましょう。
体温と同じぐらいか少し低めぐらいが適切な温度となっていますので、温度設定ができる場合は30度~35度ぐらいに設定するといいでしょう。

また、洗顔時は泡が肌の上にある時間が長ければ長いほど、肌に負担をかけてしまうことになります。
時間がかかると肌への刺激や摩擦が肌にダメージを与えてしまいますので、洗顔の時間はできるだけ短くする事を意識して下さい。

洗顔の回数については乾燥肌の方に限らず、どの肌質の方も朝と夜の2回で充分です。
洗い過ぎるとニキビができたり、乾燥肌が悪化したりという肌トラブルに悩まされてしまうことになります。

ニキビができるから洗うというケースもあるんですが、ニキビができる・皮脂が多いというのは大抵、洗いすぎが原因なので、肌の状態を改善しようと考えるなら洗顔の回数を増やしてはいけません。

肌の角質層は角質細胞と角質細胞間脂質でできています。
角質細胞の中に天然保湿因子のNMF(Natural Moisturizing Factor)があり、角質細胞間脂質の中にセラミドも含まれていているのですが、セラミドが角質細胞がくずれないように繋ぎ、角質層の水分が蒸発しないようにしていて、洗いすぎによる肌への負担でバリア機能が壊れてしまいターンオーバーが乱れてしまいます。
ターンオーバーが乱れると、古い角質が剥がれ落ちず肌が老化してしまう事になるので、洗顔は多くても1日2回としましょう。
朝の洗顔は石鹸を使用せず、水洗いするというのも乾燥肌に良いスキンケア方法となっていますから、洗顔石鹸を使うのは夜だけにして、朝は水だけを使うという洗顔方法もオススメです。

乾燥肌の洗顔後のケア

乾燥肌の洗顔後のケアは、一般的なスキンケアと同様で、すぐに化粧水で保湿をします。
肌の内部までしっかりと保湿する必要があるので、肌表面だけのうるおいではなく、浸透させる事を意識する必要があります。

角質層の水分を保つためにあるセラミドや、ビタミンC誘導体・ヒアルロン酸という成分が含まれている化粧水を使用する事で、肌に不足している水分を補う事ができます。

ビタミンC誘導体が含まれている化粧水は、角質層にしっかりと浸透し、シミの元であるメラニンの働きを抑える効果もあり、ニキビの予防や改善にも良いのです。
しかし、ビタミンC誘導体は皮脂の分泌を抑制し、乾燥肌を悪化させる場合がありますので、化粧水に含まれている程度で充分です。
乾燥肌は刺激を与えてはいけません。
肌が荒れて敏感になっている時は刺激が強いので、ビタミンC誘導体の使用は控えましょう。

肌の表面が硬化していると化粧水は浸透しにくいので、なかなか浸透しない場合はターンオーバーが乱れているせいなのでピーリングをしてみるのもいいでしょう。
(頻繁にピーリングをすると肌を荒らしてしまう事になるので気をつけて下さい。)

乾燥肌はしっかりと保湿をしないと小ジワができたりシミを増やしてしまうことにも繋がりますので、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分が含まれている化粧水でしっかり保湿し、美容液やクリームで肌を保護しましょう。
セラミドが含まれている高保湿・低刺激の化粧水は価格が高めですが、乾燥肌用となっているものからチョイスしましょう。

その他の 選び方・ポイント もご一緒にどうぞ。

  • 美肌美しい肌と書いて美肌(びはだ)と呼ぶのですが、どのような肌が美肌だと思いますか?…
  • シワ・たるみ顔のたるみを気にする女性は多いと思います。 年齢と共に肌の弾力がなくなってしま…
  • シミ・そばかす男性女性問わず、シミはできてしまうものなのですが、シミにはいくつかの種類がありま…
  • アンチエイジング最近は〝アンチエイジング〟という言葉をよく耳にするようになりましたが、老化を防ぐ…
  • くすみ肌の透明感やツヤが失われた状態を〝くすみ〟と言うのですが、顔全体が暗くなってしま…
  • 保湿お肌が乾燥したり、弾力がなくなってくるのを防ぐ為に、保湿をする事が必要となるわけ…
  • 美白肌に色素沈着がなく、明るくてキレイな肌のことを言うのですが、あなたは美白を意識し…
  • 肌荒れ肌荒れは誰でも経験した事がありますよね?ニキビ・かぶれ・湿疹・赤み・くす…
  • ニキビ(大人ニキビ)ニキビとは? ニキビにも思春期ニキビと大人ニキビという種類があるのですが、どち…
  • オイリー肌(脂性肌・オイリースキン)メニューオイリー肌とは? オイリー肌のメカニズム オイリー肌で大事な…
  • 混合肌メニュー混合肌とは? 混合肌のメカニズム 混合肌で大事なこと 肌に…
  • 敏感肌メニュー敏感肌とは? 敏感肌のメカニズム 敏感肌で大事なこと 肌に…
  • アレルギー体質メニューアレルギー肌とは? アレルギー肌のメカニズム アレルギー肌で…
  • アトピー肌メニューアトピー肌とは? アトピー肌のメカニズム アトピー肌で大事な…

このページの先頭へ