洗顔石鹸の誤飲について

洗顔石鹸などは、使っていくうちに小さくなるので、誤飲してしまうというようなこともあります。

大人が間違って飲んでしまうという事はありませんが、小さな子供なら、有り得る話しです。

石鹸を飲み込んでしまった場合は、水や牛乳を飲ませて食道や胃の粘膜を保護する必要があります。

洗顔石鹸は無添加である事が多く、毒性はないので石鹸を薄める方法を考え、応急処置する必要があります。

無理に吐かせたりすると、気管に入ってしまい、肺炎などに繋がってしまうケースもありますから、様子をみるのが一番です。

それほど心配する事ではないといわれていますが、自分の可愛い子供が石鹸を飲んでしまったとなると、かなりの大騒ぎになる事が予測されます。

1時間ほど様子をみて、気分が悪くなったり吐いたり、下痢するというような事があれば、石鹸による中毒の可能性もありますから、病院に行く必要があります。

喉に引っかかってしまっていることもありますが、水を飲んだりすると、流れていきます。

石鹸の誤飲による症状としていくか挙げてみます。

  • 唇の腫れ
  • 下痢
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 喉が腫れる

こういう症状がありますので、いつもと様子が違う場合は、医療機関を受診し、相談してみて下さい。

その他の 豆知識 もご一緒にどうぞ。

このページの先頭へ