顔を洗う時に洗顔石鹸を使用するメリットやデメリットについて

洗顔石鹸を使うメリット

石鹸は動物、または植物性の油脂を使用し、アルカリで煮て製造されている界面活性剤で、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムでできているのですが、これらは肌に触れても水と一緒に流す事ができ、肌に吸収される事がないため、人体には無害というメリットが挙げられます。

石鹸は水で流す事ができ、下水を通ったりしている間に分解されるため、環境にも優しいということになります。

石鹸は弱アルカリ性なので、弱酸性の肌には負担がかかるとか言われたりしていますが、石鹸を使って洗顔すると肌がアルカリ性になるのはほんの少しの時間で、肌が自然と弱酸性に戻ってくれますから、心配する必要はありません。

アルカリ度が高すぎると肌に悪そうですが、洗顔石鹸として作られているものは弱アルカリ性で、古い角質を剥離するという役割がありますので、新しい肌に生まれ変わるための作用と考えるのも大きなメリットのひとつであると考える事ができます。

石鹸は剥離するという強い作用はないのですが、皮脂汚れを落としたりする力がありますから、使い方によっては肌に悪い刺激を与えてしまうという事もないわけではありません。

敏感肌の方は、石鹸でも肌が荒れてしまうというようなこともあるようですが、肌バリアが壊れてしまっている状態である可能性があります。
健康な肌には弱アルカリ性の石鹸は優しく作用しますので、使い方を間違えなければ問題ないのです。

肌にゴシゴシこすってしまうと、こする刺激が肌にダメージを与えているということになりますし、肌を乾燥させてしまう原因となりますので洗い過ぎには注意が必要。しっかりと泡立てて洗顔することが大切です。

洗顔石鹸を使うデメリット

洗顔石鹸は弱アルカリ性なので、皮脂汚れをしっかり落としてくれるという強い洗浄力がデメリットといえるでしょう。

洗浄力がありすぎて肌に必要な皮脂さえも洗い流してしまうという可能性もありますから、石鹸がついた状態を長く放置したりしてしまうと、乾燥してしまいます。

脂性肌の方は、長時間ゴシゴシ洗って脂を落とそうとする特徴があるようですが、洗顔石鹸を長時間使うと肌に悪いので、サッと洗ってサッと流すのを意識するのが一番です。

石鹸と水(ミネラル)がくっつくことで石鹸が作る泡は石鹸カスになります。
この石鹸カスを落としきれず肌に付着したままにしてしまうと肌がつっぱってしまうということになりますので、しっかり洗い流すことも大切です。

長時間肌に石鹸を付けた状態にすると、肌は弱酸性からアルカリ性に傾いてしまい、石鹸カスが残りやすい環境になってしまいますから、正しく使う事が大切なのです。

汚れを落とすという意味ではすごくいい役割をしてくれるのですが、使い方を間違えると肌にものすごく悪いということになりますから、気を付けていただきたいと思います。
弱酸性と弱アルカリ性、洗顔石鹸はどっちがいいの?かも参考にして下さい。

その他の 豆知識 もご一緒にどうぞ。

このページの先頭へ