合成界面活性剤不使用の洗顔石鹸を選んだ方がいいのは何故?

ノンケミカルとは?

ノンケミカルの意味は、化学物質を使っていないものと認識している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ノンケミカルは紫外線吸収剤を配合していないものというのが本当の意味で、ケミカルというのは紫外線吸収剤が配合されているものということになります。

これまで勘違いしていた方も、しっかりと理解するようにしましょう。

紫外線吸収剤が使用されているものは肌に負担が大きいですし、発がん性も報告されているようなので、ノンケミカルでのアンチエイジングをする事が大切です。

紫外線吸収剤の変わりに、紫外線散乱剤が使用されているものもあるのですが、吸収剤に比べれば毒性も低く安心して使う事ができます。

シミを防止する為にこのような成分が含まれるわけですが、紫外線吸収剤は、紫外線をいったん吸収してエネルギーに変えて放出するという形になりますが、紫外線散乱剤は、紫外線を反射して散乱させるという形なので、肌に残るという心配がないと言われています。

吸収剤と散乱剤の両方が配合されているものもあるのですが、肌が弱い方には吸収剤はダメージを与えてしまうので、ノンケミカルなものを使うようにする事が大切です。

紫外線吸収剤・・紫外線カットが強力

紫外線散乱剤・・肌に優しい

このような特徴がありますので、肌質に合った方法で肌をケアするようにしましょう。

敏感肌を守るための洗顔石鹸

合成界面活性剤が含まれていない石鹸をお使いの方も増えているようですが、正しく選ぶ事ができていますか?

洗顔石鹸は合成界面活性剤が含まれておらず、天然の界面活性剤が使われているのですが、合成界面活性剤は、強い脱脂力があるため、肌を乾燥させたり傷つけてしまうということがありますので、敏感肌の方には刺激が強すぎます。

皮膚に吸収してしまうという事も挙げる事ができ、発がん性が報告されているものですから、合成界面活性剤を含まないものを選んで使っていくことが大切なのです。

プロピレングリコールという界面活性剤は、溶かすという作用があり、肌が弱い方に取っては本当に危険な存在ですので、気をつけるようにしましょう。
皮脂を取りすぎてしまい、常在菌の餌までも奪ってしまい、肌の状態を悪くしてしまいますから、深刻な問題です。

洗顔石鹸はオーガニック系のものが安全性が高いとされています。
美肌効果のある成分も一緒に含まれており、ビタミンC誘導体などが含まれているものなら、界面活性剤なしでもしっかり肌の奥まで浸透させてくれますので、こういう情報を参考に、肌にいい洗顔石鹸を選ぶようにしましょう。

その他の 豆知識 もご一緒にどうぞ。

このページの先頭へ